思い出深い祐天寺栄通り

自宅から東横線祐天寺駅へ向かうのに二通りの商店街を通るコースがあって、どちらもほぼ同じ距離で約4~5分で行くことができる。その一つの商店街で以前は結構な賑わいを見せていたが、バブルが弾けた後はあれよあれよという間にチャッター通りと言った感じの通りになって行きかう人もまばらになってしまった。

祐天寺栄通り

噂ではバブル後半期に商店街名を「テラ通り」と替えて豪華な看板を掲げたり、レンガ風の通りにしたり又、前会長のスーパーを先頭にビルが建ち始めたがバブルが弾けた途端に倒産の羽目になったようだ。用事があって商店街へ行ったときなどに血生臭い風景を見たりしたことがあるのでこの先どうなるのかと思ったけど、案の定生鮮食品関係のお店や笑笑などの店じまいで瞬く間に様変わりして、廃墟の商店街と言った感じになった。

マルとの散歩するコースになってから見ると少しずつ変わり始め接骨医院(旧笑笑)、レストラン、コインランドリー、お弁当屋さんが目に付くようになり行きかう人も増えてきた感じだ。朝の散歩ではお弁当屋の従業員が出たり入ったり、接骨医院の前では10人ほどの老人男女がたむろしてるし、駅へ向かう人達は結構な数だ。丁度入口に7イレブンやドトールコーヒーショップがあるので昔のように店が増えて活気ある商店街に戻ると良いね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)