姉妹ソフトの「Bandicut」でキャプチャーした動画のカット&統合

「Bandicam」の姉妹ソフト「Bandicut」を、「簡単な操作で動画から必要な区間だけを切り出したり、不要な部分を削除したり、複数の動画を1つのファイルにまとめたり、分割したりできる動画編集ソフト」等と紹介されてるのを見つけた。

試しにダウンロードして、iPhoneの動画(mov)で部分カット&統合してmp4で保存、至って簡単に作成できた。こちらも無料のソフトだとロゴが張り付き邪魔な感じ、3,200円ほどで購入できるのでWordPressのHeader動画に載せたるため購入。

早速WordPressのHeaderに作成した動画を圧縮&カット(統合)で載せることができた。

後になってBandicam+Bandicut同時購入すると割引があることを知って損した気分だけど使い勝手が良いし、WordPressに動画を載せるために必要だと思うのでマァいいっか!

サイドバーの文字や色、フッターのLink線の変更

Google Cromeの画面で右クリックして「検証」欄からサイドバーの文字や色、フッターのリンク線等の変更をTwentySeventeen-childのstyle.cssに追加した。
Wordpressの仕業も、ポイントしたところを「検証」で調べるとそれなりに分かってくるもので、今回はサイドバーの文字や色、固定ページ用ウイジェットのLink線を消すことを試みた。

1) ウィジェットタイトル部分の変更
.widget-area .widget h2 {
text-align:left;
line-height: 20px; /* 高さ */
font-size: 13px;
color: #00a73e;
}
*必要な変更は、文字の大きさと文字色なので、それに合わせて「高さ」だけ調整。

2)「.widget-area .widget a {}」⇒Link線関係
.widget-area .widget a:link {box-shadow: none;}
/*.widget-area .widget a:visited {color: #xxxxxx;}*/
/*.widget-area .widget a:hover{color: #xxxxxx;}*/
*記事内と統一してる場合は「box-shadow」のみ

3)フッターのLink線
.site-info a {
color: #00a73e;
text-decoration: none;
}
.site-info a:link {
box-shadow: none;
}
.site-info a:hover {
color:#934C7B;
}
*フッター関係は諦める寸前だったけど、「site-info」を見つけて試したところ難無く文字色とLink線を消すことができた。

取り合えず調整・修正を施した。

TV録画やiPhone動画を「Bandicam」でキャプチャー

DigBestTVで録画したTVのドラマや映画を観て楽しんでいたが、1時間もので約12GBほどを費やすので、録画を観て直ぐ削除していた。又、見たい録画を保存したままで、いつの間に3~40GBになってしまう。そこで圧縮できるソフトを調べたが、DigBestTVの拡張子が聞き慣れない拡張子なので当然のこと見当たらない。

そんなおりサイトを巡って見つけたBandicamは、「PCの画面とPCから聞こえてくる音を高品質でキャプチャーできる高性能動画キャプチャーソフトでCPUの負荷を減らしながら、元の画質や音質の劣化を最小限におさえ、高品質、高圧縮、高速でキャプチャー」等と紹介、ソフトは有料・無料とあった。

試しにインストールして録画したTVドラマでコピーしたところ、キャプチャーした録画の拡張子がmp4とavi、aviで保存すると圧縮率はナント10倍以上?、ただ無料で使用すると画面の上に「Bandicam]ソフトのロゴが張り付いて邪魔な感じ、気にしなければ良いがこの先幾つも保存したいドラマや映画のためにとか、PC上の静止画像も撮りたいので思い切って4,300円ほどだったけど購入した。