Letsencryptのクライアント証明書をメール&FTPサーバにも設定

Letsencryptのサイトでワイルドカードの説明を読んでいて気が付いたのは、現在取得しているLetsencryptのクライアント証明書(SSL/TLS)でMercuryMail(メールサーバ)やFTPサーバにも利用可能だと言うこと、osblog.osshinet.comのドメイン(FQDN)名はosshinet.comでosblogはapacheでhttpd-ssl.confのAlias(ホスト名)、Googleではホスト名をコモンネームとして取得した証明書が必要なだけで、メール&FTPサーバにはドメイン(FQDN)名のosshinet.comで利用可能と言うのが理由だけど。。。

MercuryMailにLetsencryptのCRTファイルを登録してコマンドプロンプトで確認。試しにiPhoneへ送受信OK!

Filezillaもパネルを開いてSSL/TLS SettingでLetsencryptのKEY&CRTファイルを登録、SSL/TLSで問題無くiPhoneと送受信OK!

取得したLetsencryptのクライアント証明書で暗号化できることが分かって良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)