imgの属性「alt」と「title」の使い分け

両属性の使い分けで何時も混乱、以前のウエブサイトは「alt=” “」を使用してIEで確認することがメインだったので良かったが、WordPressに替えて現在ではGoogleをメインで確認している。ところが「alt=” “」では、マウスオーバーで「ふきだし」として表示されない。調べて分かったのがIE以外では表示されないことで、属性を「title=” “」に書き換えて見たところ、Google、Firefox,Opera、とEdge(IE)も含めてメジャーなブラウザで表示されるようになった。

当ブログでは、Diary風の記事なので、SEO的に文書や中訳に説明等を付けること自体思いつかない。とにかく、Alt属性はimgに付けるもの、尚且つ、area、applet、inputに対しても付く、又、title属性は全ての要素に含めることができる。

基本的にはimgでのalt属性とtitle属性の使い分けは以下の通りとなるようだ。

<!–alt属性–>
<img src=”hoge.jpg” alt=”眠いよ~” />

<!–title属性–>
<a title=”眠気が襲ってきたね!” href=”#”>公園のベンチでの~んびり</a>

WordPressの場合は投稿ページのビジュアルで画像をクリック、編集画面から上級者向け設定の「画像タイトル属性」欄にTEXT文を書き更新すると自動的に「alt=” “」が「title=” “」に書き換えられる。

昔から画像上にふき出すTEXT文が気に入っているので、当ブログでもtitle属性「title=” “」で統一する事にした。

無線スピーカーCreative D100

無線スピーカー(Creative D100)を予備のサーバPCに取り付けた。有線のスピーカーだと常にデスク上でスペース的にも置き場所を決めるのが一苦労だったが今では、デスク上を広々使いたい時など後ろの棚に置いたりして便利な事この上ない。

「Creative D100」に関する設置前の準備は、電池(単三4個)又は、コードで電源を入れる程度のこと。。。要はBluetoothが正しく設定されていれば良い。

最初にすべきは、「Bluetooth Planexの[BT-Micro4]SB」をUSBに差し込む、するとWindows10が自動認識してWindows10の標準ドライバーを勝手にインストールしてくれる。続いて、[コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド]→[ディバイスとプリンター]へ移動して、「CSR8510 A10」のアイコンを右クリックして「Bluetooth設定→オプション」を開き、Bluethoothのアイコンを「通知領域に表示する」にチェックをいれると準備完了。

次に「設定」の「デバイス」へ移動して、Bluetoothを「オン」にするとCreative D100とペアリングできる体制になるので、Creative D100のスイッチを「オン」にして接続ボタンを押し続けると、「ピー」と鳴っるので接続ボタンを離してペアリング完了、その間2~3秒程度。

その後の操作は、「隠れてるインジケーターの表示」をオープンしてBluetoothボタンをダブルクリック、「Bluetoothとその他のディバイス」の「ベアリング済みCreativeD100」の接続をON/OFFでOK!。

これで、約10m以内であれば無線スピーカーを置くことができるし、外出で誰もいない間の一時を、無線スピーカーで好きな音楽を聴きながら「うとうと」だね。