「Value-Domain」と「MyDNS.jp」

【Value-Domain】
Value-Domain (DDNS)を選んだのは、固定IPでの維持が困難となり再契約時に解約したので、新たに国内のドメインサービスから気に入ったドメイン名を登録してフリーのDDNSサービスで自宅サーバのウエブサイトを公開するためだった。

当時、ドメイン名が年間980円だったので5年契約で購入、DDNSサービスの登録自体は独自IPのDNSレコードへ登録した内容とさほど違いが無かったので、2~3時間ほどで公開できた。

自宅サーバのMail/FTP設定もこのドメイン名で再設定、ただMailに関してだけポート25なのでOutLook、GoogleMailへ送信(受信OK)できない。設定の不備でなくOP25B(ポート587)の設定が必要となる。フリーソフトの「Stunnel ]でも設定方法によっては可能だけど、目的のサービスがあるかValue-Domainのページを隅から隅までチェックしたが見当たらなかった。

【MyDNS.jp】
あるサイトがMyDNS.jp が試験サービスという位置づけのSMTPサービスを提供してるかも?と驚きの情報を載せてたので直接MyDNS.jpのサイトで確認すると、サービスは利用可能な気配だった。

それ以上に驚いたのは、DDNSサービスでMyDNS指定のアドレスでなく取得した独自ドメイン名が使えること、DDNSサービスの切り替えはNSレコードだけで移行できること等々が記載されていたことで、即登録手続きをした。手続後直ちに送られてきたID&Passwordで会員ページへ移動して必要事項を記入&設定、その後、Value-DomainのDDNSサービスの設定を解除と移行手続(Name Serverのprimary&secondaryを変更)で終了。

接続は長時間待たされる事もなく30分程度、又、SMTPサービスの利用は、自宅MailサーバにID&Password、代替えポート587、SMTPサービス用ホスト名、等々を設定後「NSLOOKUP」で表示されるTXTレコードをコピー、MyDNS.jpサイトのログインからレコード画面のTXTレコード欄へコビーしたTXTレコードを張り付けて登録すればOK!、IPアドレスは変化すると自動的に書き換えてくれる。

MyDNS.jpへの更新はフリーの更新ソフト「DiCE 」に登録して毎週更新できるように設定、それ以外にもメーラーで受信操作できるようにメールボックスを作成、毎日1回は巡回操作してるので更新OK!
MyDNS.jpへ全て移行できればと思ったけど、今のところValue-Domainも捨てがたいので現状のままでいくことにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)