Xampp7.2.0のインストール

最新のXampp v.7.2.0にアップグレードした。前のv.7.1.11との違いはPHP v.7.1.11からv.7.2.0とOpenSSL 1.0.2fから1.1.0gにアップデートした2つだけ。
【WWW/MAIL/FTPサーバー構築編をUP】

 含まれるもの:
・XAMPP Control Panel 3.2.2
・Apache 2.4.29 WWWサーバー
・PHP 7.2.0
・MariaDB 10.1.29 (MySQL)
・phpMyAdmin 4.7.4 ➡ V.4.7.7にアップデート
・OpenSSL 1.1.0g ➡ サーバー証明書用
・Mercury Mail Transport System 4.63 ➡ Mailサーバー
・FileZilla FTP Server 0.9.41 ➡ FTPサーバー
*未使用のアプリケーションソフトは除く
[XAMPP Control Panel 3.2.2]
管理ツールのサービスに登録すると何かと問題を起こすので止めた方が良さそう。以前のバージョンでは登録したけど突然Xamppが停止することがあったので「無効」にしたが、今度は再起動する時に「管理者の実行画面」が出るようになり面倒が増えてしまった。原因不明だけどダブル起動?で停止することもあった。今回のインストールでコントロール画面右上「config」から「Auto Start Module」欄にチェックを入れて「スタートアップ」で起動させることにした。
[Apache]
同じバージョンなのでXampp7.1.11のConfファイルを使用
・httpd.conf
・httpd-vhost.conf
・httpd-ssl.conf
[MariaDB、phpMyAdmin]
MariaDB(MySQL)ではmy.iniとデータを、phpMyAdminは最新版のv.4,7.7へ。
[PHP]
PHPは7系なのでphp.iniを開いてチェックしたが違いが無いのでv.7.1.11のphp.iniで試したが問題なし、phpinfoでもv.7.2.0と表示。
[MercuryMail Server]
以前のバージョンと同じ。
[FileZill Server]
以前のバージョンと同じ。

・アップグレードしたXamppはphp以外は同じバージョン。
・同じOpenSSLバージョンのライトパッケージをxamppにインストール。

【WWW/MAIL/FTPサーバー構築編をUP】

2018/01/14 追記)
最新のXAMPP7.2.0の作業が一段落したので、WWW・MAIL・FTPサーバー設定の確認と同時進行で記事を纏めて投稿した。
XAMPP Control Panel v3.2.2
1.WWWサーバー(Apache+MySQL)編 1
2.WWWサーバー(PHP)編 2
3.Mailサーバー編(MercuryMail)3
4.FTPサーバー編(FileZilla) 4
OSBLOG_OSSHINETの自宅サーバ稼働中!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)