Mailサーバー(MercuryMail)編 3

[Mercury Mail Transport System v4.63の設定]
Xampp Control CenterのMercury ➡ Adminをクリック


1.ConfigurationをOpenして最初に「protocol Module」設定。

MercuryS SMTP
MercuryP POP3
Nercury SMTP(E end to end又は、C relaying Client)
・SMTPをポート25使用は(E)、OP25B仕様は(C)
IMAP4rev1
・着信メールの待機を望む場合はIMAP4rev1

*Protocol Moduleの設定終了後、コントロール画面をClose/Open

2.User登録

・最初にAnonimousを削除、
・Adminとpostmasterのpassword
・Local Userの登録(User名&Password)

3.Core Moduleの設定

[General]
・Internet Name ➡ Localhost又は、ドメイン名
[Local Domains]
・「lcalhost/localhost」 ➡ 他は削除
・「localhost/ドメイン名」 ➡ 追加

4.MercuryS SMTPの設定

[General]
・Listen on TCP/IP: port 25 Alternate port:587 ➡ 入力
[Connection Contral]
・「127.0.0.1-127.0.0.1」 PrivateIP
・「192.168.xx.1-192.168.xx.xxx」 ➡ LocalTCP/IPv4
[SSL]
・上段のSSL/TLSにチェック
・Server Certificate欄にcrtファイル

5.MercryP POP3の設定

[SSL] ➡ SMTPのSSL設定と同じ

6.MercuryC SMTP relayingの設定

・Smart host name ➡ Relayサービスのホスト名
・Connection port/type ➡ port欄:587
・Loguin username/Passowrd ➡ Relayサービスの登録名&パスワード

7.Aliasesの設定

[Add New Aliasesの登録フォームへ記入]
・Admin@localhost – webmaster
・postmaster@localhost – webmaster

その他いろいろ設定があるけど、上記の設定が済めばOK!
確認はGoogle、Outlook、iPhoneの送受信。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)