WordPressで忘れがちな解決方法

【メンテナンスモードを強制解除】
1.アップデートが失敗するとメンテンナンスモードが解除されず、WordPressサイトにアクセスできなくなる。この場合は、FTP等でWordPressのインストールディレクトリ直下にある「.maintenance」ファイルを削除する。
2.プラグインのアップデート中に失敗するとメンテナンスモードが自動解除されなくなり「.maintenance」ファイル自体が作成されていないケースがある。この場合は、アップデート中の(アップデートを失敗した)プラグインを、ディレクトリごと削除すればOK。
以前は突然サイトが真っ白になって驚いたり、焦ったりしたが。。。超簡単!

【特定のページの特定の場所にジャンプ】

Daily風の投稿なので同じような部分的な記事を以前書いたことを思い出す。同じ記事ならページへジャンプ、記事の方は補足的に書くだけで済むのでリンク先とアンカー名を決める。超簡単なのに、このことをたまに忘れて一生懸命書きつずったりすることがある。

[文書内の見出しや文字から]
リンク先として「#+アンカー名」を指定するだけなので簡単、イメージリンクの「aタグにアンカー」を指定してもOK!

<a href=”….<リンク先>…./#a01″>文字又は、見出し</a>
<a name=”a01″>文字又は、見出し</a>

ジャンプ先を指定する例) <a href=”https://www.osshinet.com/blog/hp/12979/#a01″>文字又は、見出し</a>
*文字の指定はスペース等を含めて正確な同一文字又は、見出し。

【消えるスペース(空白)、段落の解決策】
つい手慣れたテキストで記事を書いたりコピーしたあと、ビジュアルエディターに切り替えて強調したい文字とか、画像に属性を入れたりすることがある。こんな時、テキストで書いた文頭にスペースとか段落等を入れてた記事が、公開してみるとこれらが削除されてか、ちぐはぐなレイアウトになり厄介なことになる。原因は、WordPressのエディターは自動整形の仕組みを持ってるので勝手に消してしまうようだ。確かにcssをいじったりtagを追加する方法があるけど、プログミング知識が必要になるので少しハードルが高くなる。

最も簡単な解決策と言っても高度な策ではないけど、「TinyMCE Advanced」のAdvanced Options(高度なオプション)内にある「Stop removing the “p” and “br/” tags when saving and show them in the Text editor」の「チェックボックス」にチェックを入れる。
その上で、ビジュアルエディターを使って記事を書くと、少なからずこれらを解決することができる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)