朝から生暖かい陽気

予報だと例年より2〜3週間ほど早い梅雨入りらしく明日あたりに梅雨入り宣言がでるようだ。

久しぶりにマルと誰もいない公園内をリードを外してぶらぶらだ〜 😛

Xubuntu16.04で自宅サーバ構築

ベースがUbuntuなのでUbuntuからWeb-server(apache2)+PHP,MariaDB+phpMyAdmin、Postfix(mail)、ProFTPD(ftp)、等々インストールして設定をしたが、Windows10のVMware Workstationで試験的にインストールして設定した方法では思うように構築できなかった。サイトを巡って得た情報ではエラーが発生した時の修正・訂正などの方法が分からなかったので、しばらくは海外のサイトを巡ってチェック、情報量は日本のサイトより数倍の多さで特に掲示板などを覗くと同じ問題を抱えてるサイトもあったりでそれらの内容からヒントを得て何とか作業を進めることができた。

Xubuntu 16.04の初期設定などを済ませてから試しに「Xampp for Linux」でサイトを構築しようとインストールしてWindows10のWordpressデータを移行して公開できたところで、今まで諦めていたLetsencryptのワイルドカードを申請して証明書を得ることができた。本格的にとXamppを削除して「Ubuntu Server LAMP」をインストールした後から嫌になるほどのトラブルやエラーが発生、気が滅入ったけど何とかウエブサイトを完成させてからワイルドカードの証明書で公開、又、メールサーバとFTPサーバにも利用することができた。

今後は今までの作業を見直しするとか、記事内容のチェックをすることに。。。

Ubuntuの端末エディター(vi/vim)の使い方

Ubuntuの端末(vi/vim)を使いこなすと、ほ〜んと快適に作業がはかどる。そこで最低限知っておきたいコマンドを並べてみた。端末エディターは「管理者権限」でオープン、コマンドモードか挿入モードを注意しながら作業を進める。

1.開始・終了

vi又はvim ファイル名(xxxx.txt) 開始
*例)# vi /etc/apache2/xxxx.conf
Esc+:wq! 保存して終了
Esc+:q! 単に終了、困った時の操作
Esc+:sh  操作中に一時的にシェルに戻る。
  再び、操作に戻るにはexitと入力(コマンドモード)

 2. 文字入力

「i」 入力モードキー
「a」 カーソルの後ろに文字列を挿入「a (add)」
「o」 カーソルの下に新しい行を作成
 *「ESC」 テキストモードを終了してコマンドモードに戻る。

 3.削除・コピー・貼り付け

「x」 カーソル位置の文字を削除(「X」手前の文字)
「dd」 カーソルのある行を削除or切り取り
 *5行削除したい場合は、”5dd”と入力
「D」 カーソル位置から行末まで削除
「yy」 カーソルのある行をコピー
「p」 次の行に貼り付け

 4.アンドゥ操作(繰り返し/やり直し)

「Ctrl+f」 1画面下に移動する
「Ctrl+b」 1画面上に移動する
「Ctrl+d」 半画面下に移動する
 *各種コマンドは揃っているが、試してみて面倒!

端末でファイルの新規、修正、追加などで最低限覚えておきたいコマンド、なれが一番!!

XubuntuにXampp for Linuxをインストールしたけど大丈夫!だったかな?

XubuntuはUbuntuよりも快適なのでUbuntu用のWeb-Server(LAMP)をインストールする前に試験的に「Xampp for Linux」を試してから判断することにした。WindowsのVMWareで結果を出していたのでインストールから設定までなんのトラブルもなくXamppでも良いかな?と思いながらwrdpressもインストール。Windowsでは「OSBLOG.OSSHINET.COM」だったのを心機一転「WWW.OSSHINET.COM」に変更、面倒だったページ内も修正して公開できた。

1.Xampp for Linuxのダウンロード・インストール

2.ファイルの修正・訂正後の再起動

3.Xamppのパネルの起動

4.自動起動の登録

5.パーミッション(権限)の変更

6.セキュリティーの設定

7.Xamppのコマンド

8.ローカル用のSSLが準備されてる証明書とKeyのオン/オフ:

WordPressのインストールと設定は、Windowsで経験した段取りとほぼ同じだったので、難なく公開。。。まぁ、このまま公開しても良かったように思うけどXamppのセキュリティ面に不安があったのでwordpressとmariaDBのデータをバックアップしてXamppのディレクトリー「lampp」を完全削除した。

次はUbuntuのWeb-server、Postfix、ProFTPDのインストールと設定!!!大変だった〜素人には敷居が高いと実感した。

Xubuntuのインストール後すぐに行う作業(初期設定など)

Xubuntuのインストールが終えたら、サーバーを構築する前に、最低限の修正とかほしいバッケージを用意する。

1.上部のパネルに表示されてる時計の表示を変更
見づらいパネルの時計表示を「年/月/日(曜日) 時間(24H)」に変更、パネルの時計を右クリック → プロパティ → 時計のオプション → カスタム から、「%Y年%B%d日(%a)%H:%M」、オプションの上部空欄を「Asia/Tokyo」とする。

2.ユーザーディレクトリ名を英語名に変更
端末でenv LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-updateと入力して変更する。画面したの「Don’t ask me this again」にチェックして、「Update Names」を選択して終了。

3.最低限のパッケージをインストール

a) Synapticパッケージインストーラ
標準の「ソフトウェア」より軽量、ソフトウェアで探せないパッケージのため
端末の場合:sudo apt-get install synaptic

b) キャッシュやクッキーや履歴など、不要なファイルを削除してディスクスペースを確保するため標準の「ソフトウエア」からBleachBit のインストール
端末の場合:sudo apt-get install bleachbit

c) 秀丸エディタ、DiCEなどWindowsアプリを使うので「ソフトウエア」からWINEのインストール
端末の場合:

使い方:
wine プログラム名.拡張子 と入力してインストーラを実行
例]ダウンロードしたファイルが”hm879_x64_signed.exe”であれば、wine hm879_x64_signed.exeと入力して「Enter」キーを押す。これでWindows同様にプログラムを実行できる。

d) sambaとsystem-config-samba
Synapticパッケージインストーラからインストール
使い方:system-config-sambaをGUIで使えるように。。。

注)exitでsuの解除、忘れるとシステムに影響する。

e) iPhoneにRemote File Managerをインストール
iPhoneで撮った写真などをXubuntuのPicturesへ転送できるようになる。
・iPhone側の設定はPrivateIPとポート445を登録
・xubuntu側は指定したディレクトリの権限「書き込み」に変更

f) ubuntu-restricted-extrasをインストール
端末でFlashプラグイン他コーデック等をまとめてインストール
sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

その他必要に応じてパッケージをインストール、例えばBleachbit(デスククリーン)、clipit(クリップボード)、Dconf(レジストリー?)、ufw(ポート開閉)、等のパッケージ。標準で用意されてるものもあり、systemに支障が出ないようにインストールされてるか確認する。 次のステップは端末(vi)の必要最低限の操作コマンドについて記事にする予定。

最近のマルの様子

今のところ朝の散歩はママが即先してマルと一緒に出かけるのでマルも当たり前のように待ってる。何時もの散歩コースから公園で一休みしてるらしいのだけど、その間リードを外して公園内で楽しんてるようだ。戻ってマルは好物のりんごを食べたあとに今度は路地に出てぶらぶら。。。と言った毎日で、昼間の路地は日差しが強いのですぐ戻り玄関口のフロールングでゴロリで一日が過ぎてしまうのだ。

一昨日は約1年ぶりにママがマルをお風呂に入れたのだけど、その後にマルの様子が狂犬病の予防注射を受けた翌日のような状態に一変したので驚いたけど、寝る前には何もなかったように元気になったので一安心。翌日買い物ついでにママが聞いてきたところ「予防注射後体調を崩す犬が多い」とのこと、前回はカットと一緒に頼んだので先生が注射?してるところを見ていないので次回は立ち会って注射してもらうことだね。

急遽Windows10サーバからXubuntuのサーバへ移行

何が起きたのか原因不明な出来事が起きた。ある朝、サイトを見るとナナナなんとタイトルが「Cloudflare」と書かれていて???と言うエラーメッセージのページが現れこのページ以外移動できない。。。
名前すら知らないところから何故?サイトを改竄されたかな?HTTPS証明書を調べると全く身に覚えのないところからの証明書で「早く申請しろ!」とでも言わんばかりの状態になっていた。Letsencryptをチェックすると5月18日のはずがすでに過ぎた3月8日の期限になっているので、疑問に思いながらも更新手続きをすると「申請も更新も不可!!!!!!!!」何なんだ〜。そんなこんなで無駄な日が過ぎて行くだけなので、Windows10サーバを閉めて、Xubuntuで自宅サーバを構築することにした。

作業は簡単ではなかったが、取り合えずは何とか「http://www.osshinet.com」で公開、次のステップはメールサーバ、FTPサーバとまだまだ続くけどサイトから得た程度の知識ではいつ完成するやら。。。

Logicoolのマウスとキーボードをxubuntuでも

予備のPCで使っていた無線のマウスとキーボードをサーバPCでも使えるようにSolaar(Linux用Unifying Reciever)をインストールして試す。あまり知識がないところでの使い方なので一つのUnifying Recieverを2つのPCへと使い回しをしてるうちにサーバPCでは使用できなくなったので急いでUnifying RecieverをAmazonで購入したがペアリングが出来ない。まさかWindowsでまず先にペアリングしてDeviceを入れてからサーバPCでベアリングするとは!気がつくのに相当な時間を要したが何とか2つのPCをこの無線のマウスとキーボードで使えるようになったので嬉しいね。

SolaarはXubuntuのソフトウエアの検索からインストールできる。次にUnifying RecieverをUSBに差し込んでペアリングする。

ただ今、マルはママと散歩の最中だ。

マルはママと散歩、いつもだと3日坊主なママだけどゴールデンウィーク期間中は温かい朝が続いてるのでリハビリを兼ねての散歩と言った感じだね。 マルはと言うと今では元気いっぱい、毎日「散歩に行こう!」と言わんばかりに早朝5時半ごろからママの頭の上で催促。

だからこの頃は、日常生活の中で早朝のおやつ、ボール遊び、寝る前のおやつをあげて、日中の公園内とかマンションの周りを息抜き程度の散歩?ぶらぶらすることだけになっているね。