Letsencryptの追加登録でワイルドカード復活

Xampp for Linuxで試験的に公開した時、少し不安だったLetsencryptの申請を試みたところ難なくワイルドカード(*.)で取得できてサイトもSSL化できた。Xamppでは、eff.org経由の取得だったのでLetsencryptから送られてきた証明書を手作業で登録、又Apache側から幾つかのモジュールを有効化した。Ubuntuのサーバパッケージに替えるためXamppとeff.orgを削除した後にあらゆるところでエラーが発生、時間をかけてサイト巡りをしたところ同じようなトラブルを解決した掲示板の記事を見つけ、その回答の記事を参考にして一度に解決させるることができた。その後HTTPで公開、その段階でapache用のCerbot-autoをインストールして最初に取得したワイルドカード(*.)を復活させてSSL化した。

# Xamppの削除後に発生したエラーの解決方法

# 削除したXampp関係プロセスがapacheのポートを使っている。
プロセスチックで発見した幾つかの「ナニコレ」と思うプロセスが。。。

# キャッシュの破棄

# Letsencryptの追加登録で以前の登録を復活

*www.osshinet.comディレクトリーができたが、ワイルドカード用「osshinet.com」でサイトはSSL化してメール&FTPサーバにも使用。尚、eff.orgのディレクトリーも/opt/の中に再表示されたが。。。renewalの時に確認かな?

# 登録の確認と修正

# Letsencryptの自動renewalを設定

WindowsからLinuxのUbuntu(X)に移行中は気が滅入っていたが、ここまで復活できたので良しだね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)