Letsencrypt ワイルドカード証明書の取得と更新に関して

今までいくつものLetsencrypの証明書を取得したのに修復・訂正を勝手な思いつきで処理してたようだ。「certbot renew –dry-run」で確認すると「*.osshinet.com」だけrenewできない。_acme-challengeのTXTレコードが同じなので問題が無いはずと思っていたのが大きな間違いだった。

取り敢えずは、何のエラーもなく再申請ができて証明書が新たに発行されたようなので一安心、次は自動更新ができるかと言ったところなので、まずは自動更新結果をメールで受け取れるように施した。

毎月1日の午前4時に設定したので、その結果を見てから手動で更新又は、別な方法を調べて施すことにした。

訂正(2018-08-22):–dry-runはエラーとなり更新チェックできないので「certbot renew」のみで試すことに。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)