Xubuntu 18.04のWireshark

Xubuntu 18.04の必要なパッケージとしてインストールしたWiresharkでネットワーク上のデータートラフィックを見ようと起動させたが。。。いつの間に端末エディターの「sudo」で起動させないと見ることができなくなった。セキュリティ面を考えるとこの起動方法で良いけど、デスクトップのアイコンクリックで起動させたいと思い一般Userを登録したが見ることができない。原因が分からない事が気になるので代替えでUbuntu標準の「tcpdump」を起動させて見ることにしたがエディターに流れるような表示だけで確認方法が解らないので難しい。Wiresharkのサイトを巡って「もしかしたら?」と言う方法を見つけたので試したところ正解だったようで、以前と同様ユーサーで見ることができるようになった。

たまにデータートラフィックを確認するだけなので、取り合えずは管理者権限に戻して、端末エディターから「sudo wireshark」で起動させることにした。

Xubuntu 18.04では「tcpbump」が用意されているので端末エディターでデータートラフィックの確認ができる。

いろいろ組み合わせができるので「tcpdump」の確認方法を覚えれば良いかも。。。捨てがたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)