ProFTPDでWEBサーバのデータをWin10へ保存

FTPサーバのProFTPDは主に外出先からiPhoneで撮った写真をホームのPicturesへ保存するために使用しているけど、すでにTLSでの接続なので「samba」で定期的に保存してるWebサーバのデータ及びMySQLのデータ用にも使用できるようにした。早速、「useradd」コマンドでFTPユーザーとパスワードを作成して、Windows10のFileZilla Clientにサイトの登録を施した。

php.iniの「post_max_size、upload_max_filesize」のサイズを増やして、Windows10のFilezilla Clientへ登録、転送モードを「Active」で接続準備完了。

昔AsahiNetと言うプロバイダーでWebを立ち上げたときの操作を思い出したが、自宅サーバだからと言うこともあるけど、当時と違い数段操作が簡単で規制が無い上にスピーディーにはかどるので2週間程度の間隔でWindows10へデータ保存だね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)