「VirtualBox」にUbuntu 18.04 LTSをインストール

Windows 10では「WSL (Windows Subsystem for Linux)」と言う機能が導入されいるのでLinuxをインストールすれば基本的には「ターミナル」で試すことが出来る。しかしLinuxの「Window System」を使う場合は、面倒がなく簡単に同居できる仮想化アプリをインストールして使用する。今回はOracleの「VirtualBox」にUbuntu 18.04 LTSをインストールした。

# VirtualBoxをインストール
まずは、VirtualBoxのWebサイト からWindows版のVirtualBoxをダウンロードしてインストール。インストール作業は指示通りでOK、難なく終了。

# 仮想マシンをセットアップ
Ubuntuを実行するための「仮想マシン」を作成するため、画面左上の「新規」アイコンをクリックしてウィザードの起動

1. 名前の入力 Ubuntu 18.04 LTS
2. OSタイプの指定 Linux
3. メモリサイズ 2048MB
4. 仮想ハードディスクサイズ 20.00GB
その他の項目(特に変更する必要なしだった)
*仮想ハードディスク新規作成
*仮想ハードディスク種類
*仮想ハードディスク可変サイズ

# Ubuntuをインストール
1] UbuntuのWebサイト からインストール用のISOイメージファイル「Ubuntu Desktop 18.04 LTS」をダウンロード。
2] 作成したUbuntuの仮想マシンを選択した状態で「設定」アイコンをクリック

「ストレージ」→「ストレージデバイス」→「空のCD/DVD」→「属性」→「光学ドライブ」の順に選んで、光学ドライブ「IDEセカンダリマスター」の右横にあるCD/DVDのアイコンをクリックしてから、ダウンロードしたUbuntuのISOイメージファイルを選択する。

3] インストール作業は、Ubuntu DesktopをPCにインストールする時と同じ、注意点は「日本語」の選択、あとは指示に従っての作業。
4] インストール終了時の再起動でなく一旦仮想マシンの電源を落として、インストール前に設定したISOファイルを仮想マシンから外す。

# 初期セットアップ
最初の起動時にディスプレイの設定とソフトウェアアップデートを行う。

* 初期ウィンドウをマウスで調整してから「デバイス」→「ディスプレイ」→「解像度」と選択、 扱いやすいスクリーンサイズに変更する。
* アップデート用のアイコンをクリックしてアップデートを実施する。

VMWare WorkstationとOracleのVirtualBoxのどちらが良いのか悪いのかでなく、OracleのVirtualBoxでの仮想化は以前に失敗した経験があってWindows10のHyper-Vと同様に面倒だと思っていたけど、今回インストールした最新のVirtualBox-Winは以前のものと違って使い勝手が良くなっているのでビックリ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)