新年号の発表「令和」に。。。

「時、初春の月(れいげつ)にして、氣淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」
この詩の意味は、好意的には「人々が美しく心寄せ合う中で文化は花咲く」だろうけど、直感的には「???のお告げに従えば文化は美しく心寄せ合う人々に花咲く」かな?

いずれにしても新年号「令和」、万葉集からの出典との事、「令和元年」、中々良い響きだ。数日前からTVなどが特番のようにお祭り騒ぎで選んでた「安久」だとか「永安」などの年号などが選ばれていたらぞっとしたね。それと????の談話は、お調子者が言ってる感じの言いたい放題、心に響かないね〜、言わなきゃ損!?4月1日は、エイプリルフールだから我慢の一日、疑問に思うのは施行は5月1日からなのに何故この日になった?のだろう。