Ubuntu18.04LTS ServerにXfce4をインストール -3-

今までCUI環境で作業する知識が無かったので、先ずはこのUbuntu Serverに軽量のXfce4をインストールしてCUIとGUIの両方で試すことにした。現在のXubuntu18.04LTSで構築した自宅サーバとの違いがどの程度とか、使いやすさなどいろいろと比較をする事に。。。

1] 日本語の追加パッケージをインストール

2] 日本語フォントのインストール

3] 日本語フォントが無事にインストールできたら「Xfce4」をインストール

4] 「Xfce4」を日本語環境で起動して初期設定

Xubuntuかな?と間違えそうな画面が現れてインストールは終了。PC画面(標準コンソール)からXfce4-Desktopへ移動するのに「LANG=ja_JP.UTF-8 startx」と入力すれば「Xfce4」が日本語で起動するが、これでは面倒なのでコマンドラインから「startx」で起動するようにした。又、ログインIDとパスワードを入力した後に、自動起動する方法を試した。

5] ターミナルエミュレータを起動して、「vi」で「/usr/bin/startx」を開いてupset SESSION MANAGERの下に追記

6] ログインと同時に「Xfce4」を起動
# ターミナルエミュレータを起動、viで~/.bashrcを開いて最終行に追記

これで、PC起動後にログインIDとパスワードを入力するとXfceが自動起動するようになる。早速、Xfce4-Desktopを試したところ「Xubuntu」と大差なく操作できるのでビックリ!最低限必要と思われるソフト「Dconf、Snynaptic、Gnome-Software、Samba関連」等をインストールして準備完了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)