ローカルの自宅サーバ構築

目的はドメインを取得してサイトをWin10の仮想マシン(VMware Player)から公開できるまでとしてUbuntu Server18.04LTS-Xfce4でためした。初めての試みなので何回か再インストールやGUIで操作するためのシステム関係のプログラムをその都度追加したりしたが、最後のドメイン取得&航海用ネットワークの設定を残してローカルでの自宅サーバを構築できた。
1] VMware Playerのネットワークをブリッジ(P)に修正、サーバーのネットワーク設定

** 最終的には動作が不安定になるので追記部分を削除した。
2] Ubuntu ServerにLAMPパッケージのインストール
個別にインストールは失敗する可能性があるのでUbuntu Serverの
サービス「LAMP Server」をインストールした。

3] WordPressを稼動させるための設定

4] Apache2のモジュールを有効化

5] MySQLのユーザーでWordpress用データベースの作成

6] FTPサーバ(vsftpd)のインストールと設定

*端末で「telnet localhost 21」と入力して確認
以上の設定でwordpressをインストールするLAMP環境は整った。最終的にNetworkの設定はVMware PlayerのNATでなくブリッジ(自動)に修正してプライベートアドレス(DHCP)、Wordpressのインストールは「WP-Cli」で試した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)