VMware PlayerのUbuntu Serverにiptablesをインストールと設定

ウエブサイトを公開する前にiptablesはインストールされてることを確認して「ufw,fail2ban,sshguard」のインストール及び設定を済ませてたので安心してたが、iptables -Lとfail2ban.logのチェックで何時までも変化が無いので調べるとナナナナんと設定ファイルの作成を忘れていたと言うお粗末な事態に😞!即、iptablesのファイルを作成、又、自動起動用ファイルを作成した。
Xubuntuの自宅サーバでは基本設定用のファイルがあったと思ったけど、VMware PlayerのUbuntuでは設定ファイルを作成する必要があり、又、自動的に起動するための簡単なスクリプトを書く必要があった。
## iptablesのインストール

## iptablesに読み込ませる設定ファイルの作成

## 設定ファイルをiptablesに取り組むコマンド

## 自動的に実行の設定
if-pre-up.d(ディレクトリ)にiptablesと言うスクリプトを作成

基本的な設定が完了、後は、FTP、Mail等のポートを書き込むことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)