自宅サーバをXamppのApache、MySQL、MercuryMail、FileZillaで構築

Xamppのインストールと基本設定に関しての参考になる情報は検索でいくらでも探せるけど、実際に運用する自宅サーバにはセキュリティ対策を含た準備が必要になる。取り合えず以前ローカル環境でXamppをインストールした時のデータを基に立ち上げた。

ApacheとPHP
MariaDB(MySQL)とphpMyAdmin
MercuryMailとFileZilla FTP Server

ダウンロードしたXamppをインストールしてXAMPP ControlPanelを管理者権限でオープン、各Module(Apache,MySQL,FileZilla,Mercury)が正常にスタートするのを確認。又、ApacheのAdminでDashboadを開きphpMyAdminやPHPの確認。各モジュールのインフォメーションなどもチェックして機能的なことなど知る。

次に、Xampp ControlPanelに戻り右側にある「shell」をクリックしてXamppのコマンドプロンプトを開き、MySQLの設定を行う。ネット上には沢山の情報があるので、詳しく記事にするより先ずは準備が出来た段階から各サーバの設定をメモ的に記事にする予定。

TOP

Copyrighted Image