ApacheのopenSSLでBasic認証を作成して秘密のフォルダーを作る。

ApacheでBasic認証作成

Apache\conf\openss.cnfでBasic認証を作成してWordPressのディレクトリ に「秘密の部屋」的なフォルダー作成する。

管理者権限のコマンドプロンプトでPasswordを作成

x:> x:\xampp\apache\bin\htpasswd -c x:\xampp\apache.htpasswd user名」を入力してEnterキーを押す。
 1.New password: →入力
 2.Re-type new password: →入力
 3.次のように表示されればOK。→Adding password for user名

.htpasswd(ユーザ名:xxxxxxxxxxxx)を「htpasswd.txt」に変更

x:\xampp\apacheに.htpasswd(ユーザ名:xxxxxxxxxxxxxxx)ができてるので「htpasswd.txt」に変更して、FTPでBasic認証を施したいディレクトリーのフォルダー内にアップロードする。
(他:mcオプション(MD5)、Passwordの暗号はどちらも可)

サーバ上の絶対パスの確認とhtaccess.txtの作成

 <?php
  echo dirname(__FILE__);

「path.php」と名前をつけて保存して、FTPでWebのルートディレクトリにアップロードして、ブラウザでアクセスすると、「サーバー上の絶対パス」が表示されるのでコピーして前もって作成した「htaccess.txt」内にAuthUserFileの絶対パスとして張り付ける。

htaccessのフォームの作成

AuthUserFile サーバー上の絶対パス/フォルダ名/.htpasswd
AuthName "Enter your ID and password."
AuthType Basic
require valid-user

次に「htaccess.txt」をhtpasswd.txtがあるディレクトリにFTPでアップロードしてから、拡張子を「.htpasswd」と「.htaccess」にそれぞれ変更する。

以上でBasic認証を施したディレクトリが完成。このフォルダには、参考になるPHP、CSSの資料を入れて、いつでも取り出せるようにしてる。

TOP

Copyrighted Image