Let’Encryptで取得したWindowsの「Certbot Renew」の操作方法について

一ヵ月前の更新では「更新が早すぎる」とメッセージ、なので更新日の約2週間前に「certbot renew」でLet’s Eencryptの更新を試みた。Linuxでの更新方法と違うのかエラーとなるので確認すると「取得する時の方法で更新」することらしいので、Apache、Kingsoft、PeerBlockを「Off」にして再度トライ、無事「Success」の表示、Windowsでの更新方法が違うことを確認。

Let’s Encryptの更新

―Windows版のCertbotでの更新の注意点-

Let’s EncryptがWebサーバーの所在確認をするため「Certbotの内蔵webサーバーを使用」するので、Apacheを停止させてから「Certbot renew」で更新と言うこと。又、Windowsのセキュリティ関係のソフト(Peerblock、Kingsoft等)も「OFF」にすること(次の更新は5月中旬)。

TOP

Copyrighted Image