WindowsでXAMPPを最新版(ApacheFriends XAMPP)へアップデートする時の注意点

【今回のアップデート】
(XAMPP Version 8.1.2

   Apache 2.4.52
   MariaDB 10.4.22
   PHP 8.1.2 (VS16 X86 64bit thread safe) + PEAR
   phpMyAdmin 5.1.1
   OpenSSL 1.1.0g

最新のXAMPPへアップデート

―windows版Xamppへアップデートする時の注意点-

【最新版へアップデートする手順】

 1.必要なファイルのバックアップを取る
 2.現在のXAMPPをアンインストール
 3.最新版のXAMPPをインストール
 4.バックアップしていたデータで復元する

【必要なファイルのバックアップ】

アンインストールする前に必ず残すべきXampp関連ファイルのバックアップ。

X:¥xampp¥htdocs ←httpd.conf、httpd-ssl.conf、httpd-vhosts.conf
X:¥xampp¥mysql¥data ←MySQLデータベース
X:¥xampp¥FileZillaFTP ←設定ファイル全て
X:¥xampp¥MercuryMail ←設定ファイル全て
その他、ライブラリなどインストールしたファイル
X:\xampp\htdocs\wordpress ←全て

簡単なアップデートだと思うけど、実際はアンインストールしてからが要注意、うっかり手順を間違えると順調にアップデートできない。

1.コントロールパネルを開く←全てスタート
2.「MySQL」のルート&パスワードを設定→phpMyAdminを開いて空の「WordPress」作成
3.バックアップした全てのファイルを指定場所の新しいファイルと入れ替え(注:コピーで入れ替え)
4.新しいワードプレスのインストール画面の場合は、取り合えずインストールしてログイン、ダッシュボードから子テーマの有効化とプラグイン全てを有効化して再度「MySQL」のデータを差し替え(注:バックアップしたデータ)
5.再度ログインしてダッシュボード→WP-Optomizeで全てを最適化

以前にもXamppのアップデートをしたことがあるけど、不思議に思うほどスムーズだった。今回はワードプレスで再インストールの形になったので一瞬戸惑ったけど。。。無事に自宅サーバのアップデートが成功!

TOP

Copyrighted Image