【我が家も当ブログも主人公は愛犬「マル」jr.】

我が家の日常はマル中心!?、早寝早起きがモットーなので寝る時間がくると「さぁ寝よう!」と一緒に布団に入り、朝起きる時間が来ると「早くおきてよ!」とばかりに頭の上で合図する。特に嬉しいのは、夫婦喧嘩の時は二人の間に入って「やめてよ!」とママに向かって吠えまくること、PCに向かって夢中になってる時は背もたれか膝の上で見守っている。

それからマルは一緒に生活する上での必要なしつけが出来てるし、ほぼ毎月の検診も健康維持のためだけでなく、いつまでも元気で長生きしてほしいからだけどね。

マルのプロフィール

生まれは?
 2006年12月30日
名前は?
 マル
趣味?
 ボール遊び
性別?
 ♂(オス)
マルの性格?
 控え目、甘えん坊
食べ物は?
 自家製の食事(昼・夕)、おやつにジャーキー&クッキー
登録、予防注射は?
 目黒区祐天寺、狂犬病の予防注射、その他必要な予防注射済み

幼い頃の思い出

生まれて2か月余りで家族になったマル、真冬の超寒い日に幾つもの電車に揺られて2時間弱、その間段ボール箱の中で幾つもの毛布に包まってスヤスヤ、家に着いて初めて部屋を見て暫くキョトン、恐る恐るママが作った特製の段ボール部屋に入って珍しそうに玩具と戯れ始めたね。全てがマルにとっては初めての経験だから、部屋の中の玩具に近づき匂いを嗅いだり触ったりしたあと、その玩具と暫く触れ合っていた。愉快だった思い出の玩具では自動で動くロボットだけど、マルに近づく度に「ワンワンワン!」飛び跳ねてたこと。何と言ってもマルの宝物今では「ボロボロの赤いボール」だけど、数ある玩具の中から真新しい赤いボールを見つけ、気に入ったのか小さな口で銜えてボール投げの催促、遊びを覚えると大喜びで止めるのが大変だった。又、路地で歩けるようになる前に公園デビュー、目の前の公園で初めて足が触れたときは2~3秒固まったように動かなかったけど、歩き始めて間もなく「ここ僕の庭?」と言わんばかりに辺りを走り始めた。その後は大変、公園に足を踏み入れた途端に走ること走ること。。。